logo
logo_banner

沖縄の人口ビーチ~トロピカルビーチ

沖縄のビーチを楽しもう

沖縄といえば、青い空と海!そう、沖縄の楽しみ方はたーーっくさんありますが、まず一番外せないのがビーチでしょう!ここでは、私の独断でおすすめのビーチを厳選してご紹介します。泳ぐだけではなく、ビーチパーティー(BBQ)やアクティビなど、楽しく過ごせるようなビーチの情報もお伝えしていきますね!

トロピカルビーチ

まずご紹介するのは、宜野湾市にあるビーチ『トロピカルビーチ』です。このビーチはとっても広く、遊泳区域も広く、砂浜や広場も広く・・・まさに「広くて快適」という言葉がぴったり。中部で人気のビーチと言えばこのビーチの名前をあげる人も多いでしょうね。子連れでしたら、隣には宜野湾海浜公園があるので、海に飽きたら公園で遊ぶこともでき、子供は大喜びです。平日でもたくさんのお客さんがいますが、とてもきれいに整備されていて、波も静かな、のんびりできる雰囲気です。パーラーもあるので急なちょっとした買い物にも便利。沖縄国際映画祭でよく賑わっています。

トロピカルビーチの魅力

トロピカルビーチは、海水浴客以外の利用者も見られ、地元の人たちの屋外宴会にも利用されています。海に突き出した防波堤上には舗装された散策路が造られています。水周辺の公園も含め、ランニングやウォーキングをしている人も多いようです。駐車場が無料なのは嬉しいですし、ビーチパーティを楽しめるBBQの設備もあり、トイレ・売店もあるのでとても便利です。 水が透き通っているので 小さい小魚も見る事ができますよ。普天間飛行場が近いせいか外国人もたくさん見かけます。どちらかというと、がっつり泳ぐためのビーチというより、水遊びしたり、バーベキューしたり、ビーチでゆっくり海を眺めるのに適しているかもしれません。

トロピカルビーチのお勧めポイント

トロピカルビーチは那覇から近く、コインシャワー・トイレ・コインロッカーのほか、売店やパラソルやベッドなどのレンタルもあり、設備の整ったビーチです。おすすめポイントをざっとまとめてみました。

  • 一年中整備されていて、管理人も常駐しているとても綺麗な海水浴場です♪
  • ネットも張ってあるのでクラゲなどの心配もなく泳げます♪
  • トロピカルビーチの施設自体もキレイに整備されていて海も綺麗です♪
  • 東シナ海に沈む夕日は最高!天気がいいとサンセットがとても綺麗ですので、海に入らずともデートにもオススメです♪
  • 無料駐車場や水洗トイレ、シャワーが完備されており、設備は整っています。特に駐車場は、最近は駐車料金を取るビーチも増えてきてるので、無料で入れるのも嬉しい♪
  • 穏やかでこじんまりとしているため、子供を連れてのんびりできます♪
  • ビーチパーティーが出来る場所があります。ビーチパーティーをしながら楽しむのは沖縄の夏の醍醐味です♪

トロピカルビーチの砂について

トロピカルビーチでは防波堤を大きく造って砂の流出を防いでいて、砂浜建設の際には、粒子の細かい砂を導入しました。その為、エメラルドビーチのようにビーチサンダルなしで歩くと足が痛いような状態とまでは行きませんが、漂着ゴミも少なくて綺麗なビーチです。

トロピカルビーチの禁止事項

  • シュノーケル禁止
  • 瓶の持ち込み禁止
  • ペット禁止

トロピカルビーチのビーチパーティー(BBQ)について

ビーチパーティーとは、まさにその名のとおりビーチで行われるパーティのこと。沖縄では、ビーチでバーベキューする事をビーチパーティーといいますが、暖かくなってくると、朝から夜までたくさんの人がビーチパティーをしています。 ビーチパーティは、沖縄の夏には欠かせない定番の海遊びです。ビーチパーリー、ビーチパーリー、って唄ができるほどです。同級生、友達、親戚、同僚、会社によっては社内行事としてビーチパーティをするんですよ。山や海でアウトドアを満喫しながら食べるバーベキューに対して、ビーチパーティのメーンは「酒」。メンバーによっては朝まで続くこともあるそうです。さすがお酒に強い沖縄!トロピカルビーチでは、そんなビーチパーティーも楽しめます。ベンチと一緒に借りてのんびり時間をすごしたいですね。ビーチパーティーの食材は売店のほうでも注文できます。売店で食材を注文した場合は15人以上から釜とガスが無料貸し出しになるそうです。

食材

食材は、下記に通りです。

  • 学生セット(高校生以下)・・・1000円(一人前)
  • トロピカルセット・・・1400円(一人前)
  • ゴールデンセット・・・1600円(一人前)

トロピカルビーチの施設

砂浜でビーチバレーをしたり公園の芝生でくつろぐなど、ビーチと公園の両方で楽しめます。

シュノーケル
トロピカルビーチではシュノーケルの利用はできないものの、砂浜ではビーチバレーのネットが張られていています。ビーチバレー以外にもフリスビーやビーチサッカーをしている方もいて海に入らなくても楽しめるビーチです。泳ぐ分には何の問題もないビーチです。
シャワー
トロピカルビーチのシャワー室はもきちんと清掃されていてキレイです。ただ、ビーチの利用客が多いため遊泳終了の時間帯には混みます。シャワー室の外のほうにくみ上げ水があるので海水をざっと流したいっていう程度ならそちらを利用するのもいいかもしれません。シャワー利用は3分100円。
ロッカー
ロッカー利用は200円です。
トイレ
トイレもきれいに清掃されています。シャワー室側と駐車場側の2箇所に設置されているので安心ですね。ただ、トイレ利用の際にはコインを忘れずに。ペーパーはトイレの入り口にある販売機(100円かかります)で購入しなければなりません。

トロピカルビーチと横浜ベイスターズ

トロピカルビーチでは、マスコットのホッシーの人形やユニフォームなど、横浜ベイスターズのグッズが売られています。何故かというとトロピカルビーチの隣にある宜野湾市立野球場は毎年横浜ベイスターズの春季キャンプに利用されているんです。トロピカルビーチに来たらぜひよってみてはいかがでしょうか?

トロピカルビーチの最寄り駅『古島駅』

トロピカルビーチ最寄駅、『古島駅』についてもご紹介します。古島駅は、周辺に公共住宅などの集合住宅があります。那覇新都心、北側の駅で、縄県那覇市古島1丁目にある沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅です。2003年(平成15年)8月10日に開業しました。中北部から国道330号線を経由するバスや自家用車から、ゆいレールへの乗り継ぎしやすいので、地域の住民や那覇市中心地域に向かう人たちの利用に便利です。

駅設備

駅のホームからは市立病院前駅が見え、駅到着時の車内チャイムは、八重山民謡「月ぬ美しゃ(つくぬかいしゃ)」を編曲したものが流れます。

  • コインロッカー・・・改札内に設置。小型(最初の8時間300円、以後2時間毎に100円追加)12個
  • ATM・・・改札外に1台設置。うちなーネット(沖縄銀行・沖縄海邦銀行古島駅MMK出張所)利用時間・・・平日8:00 - 22:00、土日祝9:00 - 20:00
  • 自動販売機(飲料)・・・改札外に1台(車椅子対応)、改札内に2台、各ホームに1台設置。
  • トイレ・・・改札内に設置。
  • 公衆電話・・・改札外に1台設置。

バス停

トロピカルビーチの最寄駅である古島駅は路線バス発着駅として、またはタクシー乗降駅として、電車駅では最も近い駅です。

古島駅前バス停(国道330号沿い)

  • 「コンベンションセンター前」バス停下車後、すぐ。
  • 古島駅前バス停(古島IC)から、88番・112番(琉球バス交通)
  • 古島バス停(県道82号、環状2号線)から、55番(琉球バス交通)
  • 那覇バスターミナルから、32番(沖縄バス)、28番(琉球バス交通)、52番(沖縄バス)
  • 28番、52番に関しては「コンベンションセンター経由」のみ。那覇空港から、99番(琉球バス交通)

トロピカルビーチの案内

所在地

〒901-2224 宜野湾市真志喜 4-2-1

電話番号

098-897-2759

運営時間

9:00~21:30(22:00閉門)

遊泳時間

午前10時~午後7時まで。(悪天候時、及び季節に応じて、変更有り)

  • 6/16~8/31  9:00~19:00
  • 9/1~9/15  9:00~18:30
  • 9/16~9/30  9:00~18:00
  • 10/1~10/30 9:00~17:30

駐車場

有り。100台可

公園利用時間

午前9時~午後8時まで。(同上)

シャワー利用時間

午前9時~午後7時30分まで。(同上)

  • シャワー(2分)¥100
  • ロッカー¥200

バーベキュー予約

予約は、利用日から1ヶ月前よりできます。キャンセルは3日前まで。2日前からキャンセル料¥4,000がかかります。

  • 料金・・・¥4,000(ガスボンべ、鉄板、カマ一式)
  • 15台完備
  • バーべキュー食材・・・1人前¥1,500。(持込み可能)

料金

  • 入場料・駐車料・・・無料
  • 冷水シャワー・・・100円/3分
  • ロッカー・・・200円
  • トイレペーパー・・・100円

レンタル

  • チェアー・・・500円 遊泳時間まで
  • デッキチェアー・・・1000円 遊泳時間まで
  • パラソル・・・1000円 遊泳時間まで
  • シングルベンチ(12人)・・・2000円 21:30まで
  • ダブルベンチ(24人)・・・3500円 21:30まで
  • テント(小)・・・2000円 19:00まで
  • テント(大)・・・3000円 19:00まで
  • BQ釜・・・1000円 21:00まで
  • BQガス・・・2000円 21:00まで

交通アクセス

  • 那覇空港から 車(一般道)で約40分
  • 沖縄自動車道 : 西原ICから 車(一般道)で約 20分
  • 路線バス・・・コンベンションセンター前バス停から 徒歩で約5分
  • 停車バス・・・28番読谷(楚辺)線、32番コンベンションセンター線、52番与勝線、55番牧港線、61番前原線、88番宜野湾線、99番天久新都心線、112番国体道路線、288番宜野湾(おもろまち)線

沖縄のビーチの必須アイテム

そうそう、忘れてはいけない、沖縄のビーチを楽しむために欠かせないアイテムについてもご紹介しますね!

日焼け止めクリーム
沖縄の陽射しは、とっても強いです。日焼け止めクリームを塗っても焼けるのは当たり前。何もケアしなかったら、火傷の危険もありますので、ご注意を。
サングラス
日焼け止めクリームと同じ理由で、紫外線の強い沖縄ではサングラスをは必需品です。車の運転の時は特にあると便利です。
Tシャツ、着替え
沖縄の女性は日焼け防止で、水着の上にTシャツを着てることが多いです。それとは別に何かの拍子で洋服が濡れてしまうこともありますので、着替えとしてTシャツは一枚持ち歩きましょう。
シュノーケル
海の中にいる熱帯魚を見たら、その世界を堪能したくなること間違いなし。民宿や売店などでもレンタルしていることが多いので、是非聞いてみましょう。
身近な海の生物で一番の危険生物。それは「ハブクラゲ」。もし刺された時の応急処置のために酢をもっていくことをお勧めします。 ハブの何倍もの毒があるといわれてます。ビーチによっては、侵入防止ネットを設けている個所も。
ビーチサンダル
砂浜の熱さや、珊瑚での怪我防止のためにも、沖縄のビーチでは必須です。一足あれば重宝すること絶対間違いなし。
日傘
ビーチに日傘?って思われるかもしれませんが、これがけっこう役に立つんです。 ビーチによっては、パラソルのレンタルや木陰がない所もあります。そんな時に便利なのは日傘。
飲み物
たくさん遊べば、喉も乾きますが、離島のビーチでは、売店や自動販売機が近くにない場合がよくあります。遊びに行く前にはドリンクを必ず用意しておきましょう。
ストール
大きめのストールはさっと羽織れば洋服代わりになるし、座る場所に困った時には敷物代わり。木の枝に掛ければ日陰も作れますよ。
 
logo_banner